日本でも増えてきているブックメーカーのユーザー

ブックメーカーはイギリスやアメリカなどを中心に人気の賭け事ですが、日本では海外ニュースで耳に触れる程度でなじみのあるものではありませんでした。しかし最近は日本人ユーザーが増えているといいます。

オンラインカジノの普及で日本人ユーザーが増加

近年、ブックメーカーでも日本のJリーグやプロ野球、相撲なども扱われ、ブックメーカーで賭け事に参加する日本人が増えてきています。その理由として最も大きいのがインターネットの普及です。ブックメーカーの運営会社はもともとはロンドンなどに店を構えていたのですが、ネットの普及に伴い各社オンラインカジノを開設し、世界中のどこからでもスポーツや政治、ゴシップなどに賭けることができるようになったからです。日本のマーケットに対する期待も大きく、ウィリアムヒルやピナクルスポーツ、10ベットなど日本語サービスが充実したサイトも現れたことも日本人ユーザーの開拓に大きく寄与したといえるでしょう。

 

電子マネーの普及もユーザー増加の一因に

ブックメーカーを利用するにはお金を入金したり出金したりする必要があります。ネットの普及以前は銀行の窓口で行う必要があったのですが、銀行はブックメーカーとの取引には消極的でした。しかし現在はエコペイズなどのオンライン決済サービスで簡単にお金の出入金ができます。こうしたことも日本人ユーザーが増えた要因の一つです。

 

ブックメーカーは違法性を問えない

日本では競馬や競輪などの公営賭博やTOTOなどを除いて賭博行為は禁止され、行えば法律で罰金や懲役刑に処罰されることになります。こうしたことからブックメーカー利用することに躊躇する人もいると思います。しかしブックメーカーでスポーツなどに賭けても日本の法律には抵触しません。なぜなら日本の法律では国内に賭博の胴元と賭ける人がいた場合に賭博罪が成立するからです。ブックメーカーは胴元はイギリスなどの海外にいるので、日本の法律では現状違法性を問えないといえます。このため日本人ユーザーが安心してブックメーカーを利用できるのです。

 

楽しみ方が豊富なブックメーカー

ブックメーカーはJリーグのTOTOや競馬、競輪よりもオッズが高く、賭け方の種類も豊富。世界中のスポーツや出来事にも賭けることができるので、今後ますます日本人ユーザーが増えていくと思われます。