日本と海外で人気のスポーツは異なる?

日本と海外では、ブックメーカーで人気のあるスポーツが違います。今回は、海外のブックメーカーで人気のスポーツを紹介したいと思います。

オリンピック

ブックメーカーでは、オリンピックの全競技がベットの対象となります。また、単純な勝ち負けだけでなく、特定選手のメダル獲得枚数といったものまで、さまざまなオッズも用意されています。陸上や水泳といったオリンピックの花形種目はもちろん、カヌーや馬術といった、日本人にはあまり馴染みのない種目に賭けることもできます。オリンピックをきっかけに、新たなスポーツに興味を持ってみるのもよいでしょう。

日本ではマイナーなスポーツも

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ラグビーやアイスホッケーは、海外で非常に人気があります。そのため、ブックメーカーでも多くの人が、ベットに参加しています。また、クリケットや、アメフト、スヌーカーといった競技もベットの対象となっています。

eスポーツ

ブックメーカーには、なんとeスポーツも、ベットの対象になっています。eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略称のことで、端的にいうとコンピューターゲームをスポーツとして捉えたもののことです。ゲームの種類は、対戦可能な格闘ゲームやFPS(ファースト・パーソン・シューティング)、レーシングゲームやパズルゲームなど多岐に渡ります。日本でも最近、eスポーツが徐々に注目を集めているので、今後はさらに人気が出てくることが予想されます。

まとめ

このように海外のブックメーカーでは、日本では考えられないようなスポーツがベット対象になっています。これからブックメーカーをはじめようという人や、ちょっと違ったスポーツに賭けてみたいという人は、是非参考にしてみてください。