ブックメーカーで得た利益には税金がかかるのか?

ブックメーカーで利益を出したら、税金のことが気になる人も多いでしょう。海外のサービスなので申告しないつもりでいる人もいるかもしれません。ではブックメーカーで得た利益にかかる税金について解説していきます。

税務上は一時所得という扱いになる

ブックメーカーで得た利益の税務上の扱いに関しては、まだ十分な法整備ができていないのが現状です。しかし、課税の対象にはなっているので注意しましょう。現在のところは競馬や競輪などのギャンブルと同じ扱いです。ブックメーカーで得た利益は一時所得として扱われます。
一時所得の金額は、当たった金額ではないという点に注意しましょう。一時所得は所得の一種であるため、得た金額から必要経費を差し引きます。必要経費というのは、ブックメーカーの場合には賭け金のことです。

 

年間の利益が50万円までなら税金はかからない

一時所得は年間50万円を超える場合に課税対象になります。利益を得ても年間50万円以下なら税金はかかりません。50万円を超えた場合も、超えた金額全部が課税対象になるわけではなく、50万円を超える部分の2分の1だけが課税対象になります。
例えば、ブックメーカーで得た利益が70万円の場合には10万円が課税対象です。その金額を給与所得や事業所得など、他の所得と合算します。適用される税率は合算後の所得金額を元に決められる仕組みです。

 

申告しないとどうなるのか

ブックメーカーで得た利益が課税対象になる場合には、確定申告をしなければなりません。もし、確定申告をしないまま放置しておくと、税務調査が入る可能性もあるので、忘れずに済ませておきましょう。

 

まとめ

ブックメーカーを始めてすぐ税金がかかるくらい儲けるのは難しいでしょう。しかし、慣れてきたときのために、年間の利益が50万円を超えると税金がかかることを頭の片隅に入れておきましょう。