Jリーグの勝敗予想もブックメーカーで!

今、ブックメーカーの日本語版で熱いのがJリーグの予想です。JリーグはTOTOよりもブックメーカーが面白いと人気コンテンツとなっているのです。

 

Jリーグはブックメーカーが面白い

Jリーグの勝敗予想といえばTOTOがありますが、最近ではブックメーカーでもJリーグが人気コンテンツになっており、JリーグはTOTOよりもブックメーカーが面白いと評判です。ブックメーカーの方が面白いのにはさまざまな理由があります。

・見やすい日本語サイト
ブックメーカーでJリーグが扱われ始めた頃は1部のブックメーカーだけでの扱いでしたが、今ではほとんどのブックメーカーでJリーグが扱われています。特にウィリアムヒル、テンベットジャパン、ピナクルスポーツなど日本語サービスが充実したサイトが登場したことにより、Jリーグをブックメーカーで楽しむ日本人が増えています。

・オッズの種類が豊富
ブックメーカーはオッズの種類が多く楽しみ方がサイトごとに多種多様なのも大きな特徴です。ホームチームが勝つか、アウェーチームが勝つか、引き分けるかなどの勝敗予想からコーナーキックの本数、ゴール数、イエローカード・レッドカードの枚数、具体的な試合結果、ハンディキャップ付き試合結果などなど、最大150種類ものオッズがつきます。TOTOが勝敗予想だけなので、ブックメーカーは比較にならないぐらい楽しみが尽きないともいえます。

・ライブベットが楽しめる
試合中に新たなベットが付くライブベットもブックメーカーの楽しみの一つです。勝敗予想からゴール予想、コーナーキック予想、最後の10分の試合状況などなど、試合経過を見ながらリアルタイムで賭けることができます。ライブ感覚で予想ができるのでエキサイティングに試合を楽しむことができます。

・還元率が高い
TOTOは還元率は49.6%と非常に効率の悪いのが特徴です。そのためたまに勝敗が当たっても収支的には赤字になるのは避けられません。対してブックメーカーは還元率が約90%以上と非常に高いので、収支的にもプラスになる可能性が多いのも魅力です。

 

ブックメーカーを始めるならJリーグで

Jリーグは日本のスポーツ新聞やTV、ネットなどで情報収集が簡単なので、日本人がブックメーカーを楽しむ際にとても有利です。ブックメーカを始めるならJリーグから始めてみてはいかがでしょうか。