競馬ならJRAよりもブックメーカー

日本の競馬はJRAが取り仕切る公営競馬です。多くの競馬ファンがJRAで馬券を購入し勝敗を賭けることができるので、ブックメーカーに興味を示す人も少ないのでないのでしょうか。しかしJRAで馬券を購入するよりもブックメーカーを利用したほうがグッとお得と聞けばどうでしょうか。事実JRAで馬券を買うよりもブックメーカーを利用したほうがメリットがあるといえるのです。

 

ブックメーカーサイトで日本の競馬の予想が可能に

そもそもブックメーカーの歴史は18世紀末にイギリスの競馬場で始まったといわれ、ブックメーカーと競馬とは切っても切ることができない関係です。本場イギリスはもちろん、日本など世界中の競馬の予想が今ではブックメーカーのサイトで行うことができます。特に日本の競馬予想が充実しているのが老舗企業であるウィリアムヒルズの日本語サイトです。
ウィリアムヒルズなどのサイトを利用すれば、日本に居ながら日本の競馬をはじめ、世界中の競馬に日本に居ながら賭けることができるのです。しかしそれ以上にブックメーカーのサイトを利用したほうが、JRAで馬券を買うよりもメリットが高いので、競馬ファンの方はブックメーカーを利用することを是非おすすめします。

 

ブックメーカーがお得な理由

ではブックメーカーがJRAで馬券を買うよりもメリットがあるのはなぜなのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

・ブックメーカーのほうが還元率が高い
JRAで馬券を購入した場合還元率は70%から80%となっています。これに対してブックメーカーを利用した場合は還元率は概ねJRAよりも高く、ウィリアムヒルなど単勝オッズで還元率が90%以上の企業も存在します。またオッズ自体もJRAよりも高めに設定されている場合が多いのも魅力です。

・オッズがあらかじめ決まっている
JRAで馬券を購入した場合は、購入した時のオッズがレースが始まる直前に変わるということが当たり前のようにあります。しかしブックメーカーでは基本的に賭けた時点でのオッズで払い戻しが行われます。これだと購入した時点で2倍のオッズがレース直前に1.1倍などになることも無いのでとてもフェアともいえます。

 

これからは競馬の予想はブックメーカーの時代に

今ではブックメーカーは日本に居てもウェブサイトから世界中のスポーツに賭けることができます。日本の競馬もJRAではなくブックメーカーで賭けるのが当たり前になる日も遠くないのではないでしょうか。